【開発秘話】ReactNativeの起動に戸惑った話


2020年の6月より本格始動した自社開発チーム「UniQooOne」

初めてだらけのToDoアプリの開発には、今となっては懐かしい、けれど当時はとても苦労した、
様々なエピソードが隠れています。

今回は、そのうちの一つ、「React Native」の使い始めについてのエピソードです。

準備は万全の環境構築

フロントエンドのFWとして、「React Native」を選んだUniQooOneメンバー。
初めてのReact Native、念入りに下調べをし、準備を進めていきます。

今回参考にしたのはネットで見つけた導入成功事例の記事。
忠実に手順を追っていけば、確実と考えました。

ios、Androidそれぞれの開発に必要なパッケージもインストールし、
いざ、ReactNativeプロジェクト起動!

・・・と思いきや、まさかのエラーが発生しました。

手順書通りのはずなのに

成功事例の手順書通りにやってみてもエラーが出ている、ということは、
うっかりどこかを間違えた、もしくはこの手順書が間違っている?

そう思い、再度見直しをし、また、ほかの成功事例の手順も検索してみました。

事例が少ないReact Nativeですが、探せばいくつかの事例は出てきます。(日本語とは限りませんが。)
そこで、一通りの事例・手順書を試してみることにしました。

が、

どの事例を試しても、起動に失敗してしまいます。

手順書通りにやっているのに、なぜ・・・?

まさに負のループ

ありとあらゆる手順書を試してみましたがどれも失敗。
こうなったらもう手探りです。

「インストールしたパッケージが足りていない?追加でインストールしよう!」
⇒エラー

「このパッケージも必要なのでは?」
⇒エラー

「もしかしてパッケージ入れすぎた?いったん全部消してやり直して・・・」
⇒エラー・・・

こうなると負のループ、何がいけないのか分かりません。

解決案は、つぎはぎ方法

開発は始まったばかりだというのに早くも行き詰ってしまったUniQooOneチームでしたが、
なんとか解決の糸口を見つけました。

それが、各事例のつぎはぎです。
ReactNative含め、開発技術は日々進化、アップデートされています。

いくら成功した事例であっても、情報やバージョンが以降更新されていなかったりすると
その通りやってもうまくいかないことがあるのです。

そこで、各事例の中で新しい部分のみ情報をピックアップし、つなぎ合わせて構築を進めました。

その結果、無事、ReactNativeが起動したのです。

暗中模索、だから楽しい

今回紹介したこと以外にも、UniQooOneは様々な面で悩みながら進んできました。

自社開発では、誰も答えを知らない暗闇のような問題に対しても、自分たちの力で切り開いていく必要があります。
それは苦しくもあり、またやりがいでもあります。

UniQooOneが悩み、解決してきたほかの事例については、また近々ご紹介します♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。