UniQooOneが今後目指していきたいものはなんなのか?
UniQooOneはどこへ向かっていくのか?

私達の展望についてお話しします。



開発チームの役割とは


開発、とは自らの手で新しいものを生み出していくこと。
ですが、
そこにはユーザーの存在が欠かせません。

アプリを使い、育てるのはユーザーであり、
私達開発者の役割はあくまで新しい製品を提案することです。

今流行のSNSや動画配信サービスも、こんなにも発展し活用方法が広がったのは
それを使うユーザーがいたからであり、ユーザーの中でアプリやサービスが成長していったからです。

もちろん技術者側の開発能力の向上や製品のブラッシュアップは必要です。
しかし私達は、”製品は人の手の中で育っていくものだ”と考えています。

カスタマーファースト


私達UniQooOneも、まずは使ってもらいたい!という思いから
初の開発製品、”ToDotto”をリリースしました。

より多くのユーザーに製品を使ってもらい評価していただくことで、
製品だけでなく、私達も成長することができます。

様々な可能性が広がった今、人々がアプリやサービスをどのように使っていくのかは未知数です。

時代のニーズに合った製品をどんどん生み出して、多くの方に触れてもらえるよう、
UniQooOneは開発を続けていきます。

目指すは”ご機嫌な生活”


私達の目指すミッションは、
「関わる全ての皆さまが”ご機嫌な生活”を送れるようにすること」。
そして、目指す姿は、
「プラットフォームとしてのUniQooOne」です。

たくさんの方に製品を使って評価してもらい、
皆様の生活の”基盤”となるような開発チームになりたいと考えています。


私達の製品が皆様の暮らしの中心となるように。
“UniQooOne”という存在が皆様の暮らしに寄り添えるように。
そして何より、皆様が毎日をより良く、より楽しく、より快適に過ごせるように。
私達はこれからも進化を続けていきます。